読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり俺のポケモンは間違っている

はるのんが一番可愛い異論は認めん

【シングル】第二回JPNOPEN使用構築 マンダ入りヘラクレセドラン

 

やっはろーということでお久しぶりですアイテムです。最近まともにポケモンしてなかったんですが今回JPNさん主催のJPNOPENに参加させていただきました。

結果は予選ITAブロック6-0で1位抜け決勝トーナメント一回戦負けでベスト32でした

予選無敗だったんで一回戦負けすごい悔しい(試合内容もアレだったし…)

またこの構築で九尾杯チャレンジャーズリーグにも出て4-3で36位で惜しくもチャレンジャーズリーグの参加を逃してしまいました。

では構築紹介

f:id:aitemu11921603:20150816130435p:plain

ヘラクレセドランが使いたくなったんでこれをコンセプトとして組んでいった

 

ヘラクロス@ナイト こんじょう→スキルリンク

いじっぱり 175(156)-253(196)-136(4)-×-126(4)-114(148) (実数値はメガ後のもの)

ミサイルばり/インファイト/ロックブラスト/じしん

構築のコンセプトなんで採用理由はなし。Sを-1ガブリアス抜きスイクン抜きに調整してスイクン対面でも最低限の熱湯の試行回数で突破できるようにした(207-183スイクンにミサイルばりが最低ダメージ105~)

地震の採用についてはこのパーテイーがギルガルドメガゲンガーが重く、ヘラに対してこれらのポケモンが受けだししてきたときに等倍以上でシャドーボールを受けたり身代わりを張られたりするのが嫌なので採用(ただしJPNOPENではギルガルドに一度も当らなかった模様)

今の環境ヘラを舐めてる人が多いのかレートでも2回殴らせるだけで勝つ試合も多々あるなど非常に動きやすかった。有利対面ロクブラした試合はなかったし有利対面はきちんと対面に負荷のかかる技を選びましょう

 

(メガボーマンダgifがなかったので通常ボーマンダで代用)

ボーマンダ@ナイト 威嚇→スカイスキン

むじゃき 171(4)-165-150-172(252)-99-189(252) (実数値はメガ後のもの)

捨て身タックル/ハイパーボイス/流星群/大文字

ヘラの苦手なメガヘラ・バシャに対して出せる裏メガ枠として採用(なおボーマンダの方が選出率高い模様)。今大会MVP。

最速のため受けだしてきたボルトなんかももハイボor捨て身+流星でおとせたりとなんだかんだ便利なポケモン。アローなんかもやれたり威嚇撒きたいがために出すことも。

両刀マンダは壁構築なんかにも強いしマンダは火力だけではないんだなと思った。

 

クレセリア@ゴツメ ふゆう

ずぶとい 227(252)-×-165(76)-108(100)-151(4)-115(76)

サイコキネシス/れいとうビーム/トリックルーム/みかづきのまい

こちらも構築のコンセプトのため採用理由はなし。別の型で使ってたやつの流用なんで努力値振りはあれだが火力のある(?)クレセリアは割と起点になりにくく、ガルーラの身代わりも高乱数で壊れたりするためトリルみかまいをとてもし易く、使い勝手は良好。

ただしBが極端に薄いので受けだしする際には細心の注意が必要だった。しかしここまで振らなくてもクッションとしての性能の高さはすごかった(こなみ)

 

ヒードラン@眼鏡 もらいび

ひかえめ 191(196)-×-126-200(252)-134(60)-97

火炎放射/ラスターカノン/だいちのちから/原子の力

こちらもコンセプトのため採用理由はなし。いたって普通の眼鏡ヒードラン(H16n-1は完全に僕の趣味)炎技は後ろに確実に負担のかかる放射を選択したが、火力に支障はなかった。サブウェポはヘラの無理なアローに対して打点となる原子の力、ヘラの苦手なヒードランやマンダの苦手なな電気タイプに打てるだいちのちからを選択したがだいちに関しては要考察。

 

 化身ボルトロス@オボン いたずらごころ

184(252)-×-132(240)-146(4)-104(28)-131

10万ボルト/でんじは/めざめるパワー氷/気合玉

クレセリアが選出できない時のSの遅さやメガボーマンダの一貫性などを考慮して採用した。最初は気合玉の枠が草結びだったが打てる相手がマンムーかいなかったので他にも打つ相手のいる気合玉となった。何かしらを切って悪巧みを入れたい気持ちもあるがなにせ切る技がない。このポケモンは良くも悪くもボルトロスの範囲をでない活躍だったと感じている。

 

マンムー@チョッキ あついしぼう 

191(44)-200(252)-100-×-107(212)-100

じしん/つららばり/こおりのつぶて/じわれ

こおり抜群じゃないじめん枠として最後に採用されたポケモン

技構成に関していえば絶対に地割れはいらなかった。ほんとに試行回数を稼いでも外すしそもそもそこまで打つ相手が居ないのにきづいたのがJPNOPEN予選終了後でもうどうにもならなかった。この枠に他の技を入れるとするならサイクルを円滑に進めるためのはたきおとすやガルーラなどに打つ馬鹿力、ヒトムなんかに対して打つ岩雪崩あたりがいいと思う。 

 

最後にJPNOPEN主催のJPNさん、運営のみなさん、そして個体を提供してくれたカーリー君 ありがとうございました。

自分はシングル厨へ向けてまた方向性の違うパーティを考えたんで調整して今度も買っていきたいと思います。